恥ずかしい思いして脱毛しました

元からけっこう毛深くて、中学生のときにはもう腕も脚もけっこうムダ毛が生えていました。中学生のときは制服がセーラー服だったので脚が出てしまっていたけど、親が毛をカミソリで剃ると余計に濃くなるからと剃るのはダメだと言っていたのでほとんど何もしていない状態でした。

ある日それで普通に授業を受けているとクラスメイトの男の子から、「男やったん?」と聞かれ、まわりの女の子が「なんでなん?」と言うと、「だって脚に毛が生えてるやん。」と言われました。その女の子たちが、「女の子だって毛くらいははえるねん。でもみんな普通は処理してるねん。」と言って男の子にも女の子にもみんなに笑われました。かなりショックだったのを覚えています。

それからカミソリで毛を剃るようにはなったけれど、もともと毛が硬いのもあってすぐにチクチクしてしまったり、なかなか見えにくいところの剃り残しがあったりしてムダ毛についての悩みはずっと続いていました。

そこで大人になってから脱毛サロンに行って初めての脱毛をすることにしました。働きはじめたばかりではいきなり全身の気になるところ全部というわけにはいかなかったので、まずは1番気になっていて、しかも剃りにくい両脇から脱毛することにしました。

2年ほど通って両脇の脱毛が終わりました。処置をするときは痛くてもういいんじゃないかなど思ったりもしたけど、終わってみると、しょっちゅう処理をしなくて済んですごく楽だし、もう剃り残しがあるんじゃないかと気にして脇を見られることを必要以上に嫌がらなくていいんだと思うと脱毛してみてよかったなと思いました。

そのあとしばらくしてから中学生のときに男子生徒にからかわれた脚も脱毛しました。ちょっと痛かったけれど、チクチクすることもないしやってよかったです。

※私の住んでる宝塚市の脱毛情報⇒兵庫県宝塚市の脱毛navi【おすすめの脱毛サロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です